いびきの知識は正しく得ましょう。

いびきを治す本当の知識とは!

いびきはこわいですね。

昔は、いびきは病気ではないという認識違いが強く滞留していたのですが、最近ではいびきが健康に割り出す悪影響が広く認識されるようになってしまった。

 

いびきが引き金と繋がる「睡眠時無呼吸症候群」なども、以前は一部にしか広まっていない病名となっていましたが、今ではいびきがもたらす病気として広く認知指摘されています。

 

 

現在は、いびきが不健康なのであるということは、みなさんご存じのとおりですけれども、いびきが糖尿病や咽頭の病気などの病的な要因によってもたらされる場合が多いという事は、あまり発見されて立っていません。いびきが体の異常を告げる警告となるでしょう。「最近急にいびきをかくように見舞われてしまった」という人は、特に注意が必要です。

 

さらに、いびきそのものがさまざまな病気を引き起こす誘因と変身することも重要です。その最大の物は、いびきが睡眠時無呼吸を患い易いということです。

 

いびきをかく人の約70%は、睡眠中に何度も呼吸が停止実践中のことが把握しています。

 

いびき人口の7割が腫眠時無呼吸症候群!

 

睡眠時無呼吸症候群
いびきから発生する睡眠時無呼吸症候群とは、イメージ通り、おねんねしているときに一定時間呼吸が残存してしまう病気です。就寝中に呼吸がししまる現象自体を想定して「睡眠時無呼吸」といい、この睡眠時無呼吸がくり返し、頻繁にある症状を「睡眠時無呼吸症候群」と呼んでいます。

 

「頻繁に」とはいくらかと言ったら、医学上の睡眠時無呼吸症候群の定義は以下のように化しています。

 

「10秒以上の呼吸停止が、7時間の睡眠中に30回以上生ずるか、1時間の睡眠中に5回以上起きるもの。なおかつ、昼間の居眠りなどのさまざまな症状を伴うもの」

 

“あんな奇妙な病気、私には縁がない”とお感じになることも考えられます。が、この睡眠時無呼吸症候群、今やけっして珍しい病気では要りません。近年の研究で、いびきをかく人のうち、実に70%もの人が、睡眠中に何度も呼吸停しに状態に変化することが理解しているのです。

 

つまり、大いびきを日常的にかいて要るような人は、すでに睡眠時無呼吸症候群に掛かっている危険性が幅広い、少なくとも予備軍に規定されているといえるのではないでしょうか。

 

いびきをかく人の多くは、一晩中おんなじペースでいびきをかき続けるわけことはせず、時折、いびきが蓄積して静かに変身することがとなるのです。そんな折、単にいびきがおさまって掛かるだけなら上手くいくと思いますが、そうことはせず、呼吸そのものが停止実践中の場合が相当あります。

 

それが「睡眠時無呼吸」で、その状態を放置することで、ほどなく慢性化し、「睡眠時無呼吸症候群」になります。

 

いびきを治す方法は?

 

本サイトではいびきを直す方法をご紹介しているのです。紹介やる改善法は、数多くの情報から厳選したんだ改善法を比較実行している。1位から実践実践し易く、噛み砕いて、効果の出ることが多い改善法となった状態です。

 

是非このいびきを治す方法の比較を参考に受けとって、是非あなたもいびきを気に実践しない健やかな毎日を送り届けて下さい。

女性のいびきってひどいですか?

女性のいびきは、深刻な悩みに変わっている場合がほとんどですよね。

 

特に

 

男性と一緒に寝入る
みんなでの旅行
合宿やお泊まり会

 

このような折に、自分がいびきをかくことがよく知っていると、本当に恥ずかしいだと考えられますし、自分のいびきで隣の人が睡眠がとれないんじゃないでしょうかと思うと、なかなか眠りにつけなくなりしまいます。

 

ここで、女性のいびきを治す方法として、最も効果の大きい方法をお伝え行なう。

 

 

これまでに、500人以上のいびきを根本的に改善に変化してきた、藤山和孝さんによる「いびき改善プログラム」です。

 

手っ取り早い方という意味は1週間くらいで効果を実感しているようで、95.1%の方は1ヶ月以内に改善効果を実感設定されています。

 

藤山先生の「いびき改善プログラム」は、

 

女性から「いびきが上手くなった!」という報告が本当にたくさん居残る

 

というのが大きな特徴です。

 

現在、女性でいびきに苦しむ方は本当に相当見られますので、この「いびき改善プログラム」が広まれば、多くの女性の悩みが改善報告されて行ったら実感しているそうです。

 

万が一いびきが改善さぼると、全額返金保証が附帯していますので、
安心経験して実践頂くことが出来ますよ。

 

 

詳しい内容は、下をクリックしてみると閲覧することがあり得ます。

頭がいたくなります?

いびきから繋がるこの睡眠時無呼吸症候群のどんな点が、「死を導く」ほどに恐いのと思いますか?

 

睡眠時無呼吸症候群に変化したからと寄って、就寝中にいつの間にか窒息死することになることはなくなってしまいました。1回ごとの無呼吸は10秒程度のごくわずかな時間で、それ自体が直接「死を導く」わけでは有り得ません。

 

しかし、私たち人間は呼吸を実践しないとものの10分と生き長らえては留まれないのわけですので、短時間でも呼吸停止状態がくり返されれば、それが身体にさまざまな悪影響を及ぼすことは、感じるまでもなくうかがえます。

 

その悪影響とは、まず、いびきによる睡眠時無呼吸症候群の人はけっして熟睡大変なことが存在しています。私たちは、安らかな寝息が存在していることが理由でぐっすり寝付けるのです。一時間のうちに何回も呼吸が停止していては、熟睡などしようがなくなってしまいました。

 

睡眠時無呼吸症候群の人は、いびきと呼吸が止まる慢性的な胸の締め付けのため、身体は睡眠をとっているとしても脳は夢から覚めて掛かるという中途半端な状態に、つねに考えられるようになるのです。そのため、慢性的な睡眠不足となり、日常生活にもさまざまな支障が大きくなってきてくるようです。

 

例えば、睡眠時間そのものはたっぷり受けているとしても、どこか「眠り見られない」感じがいつもつきまとい、頭がボーッとするようになります。

 

また、必然的に口呼吸となってしまうから、出現した時にすごく口が干上がった感じがしましょう。頭痛がするのも多いと思われます。

 

眠気をうち無くそうと缶コーヒーを1日に5〜6杯も摂取して仕舞う人も組み込まれる。これが肥満や糖尿病の原因にもしました。

いびきの自覚症状とは

いびきをかいている人で、次のような自覚症状のある人は、睡眠時無呼吸症候群を疑ってみる必要があるでしょう。

 

睡眠時間はけっして短くないのに、車の運転中や会議中など、起きていなければならないときにむしょうに眠くなる
電車に乗るときまって居眠りをしてしまい、よく駅をいくつも乗り過ごす
そんなに年でもないのに、記憶力・集中力が目に見えて衰えてきた

 

 

アメリカの元宇宙飛行士たちに取材した『宇宙からの帰還』によれば、飛行中の宇宙飛行士は、地球上にいる時より頭がはるかに明晰になったような感じを味わうのだそうです。

 

それは、宇宙船内では100%の酸素を吸い続けるため、脳細胞が極度に活性化するためと考えられます。逆に、空気の悪いところでは頭がよく回らないというのは、私たちも身に覚えのあることです。

 

このように、酸素と頭脳の働きというのは密接な関係を持っており、無呼吸状態が続けば「頭がすっきりしない」状態が慢性的に続くのは当然なのです。いびきの防止対策が必要となってきます。

 

そして、睡眠不足の状態が慢性的に続けば、当然疲れも取れにくくなるし、食欲もなくなってきます。

 

35歳の男性で、いびきや無呼吸のせいで日中の眠気がひどく、それが原因で職を失った人がいました。

 

家では食事の時以外は昼も夜も眠った状態でした。その上収入もなくなったので、奥さんから離婚され、実家で父親と生活することになりました。そこで、父親は見るに見かねて、病院につれいったわけです。

いびきは病気の原因に。

いびきから派生やる睡眠時無呼吸が慢性睡眠不足だけでも十分なマイナス要素と言われていますが、腫眠時無呼吸症候群がもたらすのはそれだけではない。睡眠時無呼吸とは一見なんの関係もないような内臓疾患などが、合併症として起こることが多いのです。

 

睡眠時無呼吸症候群の合併症として最も殆どを占めるのは、心不全、狭心症、心筋梗塞、不整脈などの心疾患です。

 

いびきと睡眠時無呼吸症候群が重くなり、長期間に及べば、それが心臓に大きな負担をかけます。

 

 

慢性酸欠状態となるから、体内に行き渡る酸素が不足ぎみとなり、その少ない酸素を身体の隅々まで行き渡らせるために、心臓がフル稼動行なわなければなら持って行かれるからです。その過重な負担が心臓をいじめ続けると、やがて心不全などの重大な病気と化して “暴発”するのです。

 

心臓は、動脈を通じて新鮮な血液(酸素たっぷりの血液を体内に送り出し、静脈を通じて体内からきたない血液(酸素を体内に配分済みのあとの血液を回収してます。

 

無呼吸の酸欠状態が続くと、この「送出と回収」のバランスがばらばらになってしまいます。動脈用の新鮮な血液が不足ぎみとなり、静脈に過ぎ去る血液ばかりが増加するわけです。

 

したなら、どうなるか? 心臓の左心室内の圧力だけがいびつに上昇、肺動脈の圧力が上昇し、このアンバランスが心不全の引き金と結びつきます。

高血圧の可能性もありますか?

心疾患と一斉に多い合併症は、高血圧です。昔から、鼻の偽り者は概して血圧が高いことが存じ上げています。もちろん、いびきをかいて止まっている。

 

高血圧と無呼吸の因果関係は、いささかわかり難いかもと考えてしまいます。そのメカニズムを簡単に説明するべきです。

 

いびき〜無呼吸がずっと建って血液中の酸素が不足設定してきましたら、かわりに炭酸ガスの血中濃度が進展します。見たら、こいつが肺血管を収縮させ、肺高血圧を齎すのです。

 

 

さらに、交感神経、副交感神経が興奮状態となり、心臓の拍出量を増加させ、身体全体の血圧も一気に上昇するわけです。

 

そして、慢性化陥れた高血圧が脳卒中の引き全と陥ることは、いまさらいうまでも皆無です。

 

あまり普及していないかもしれないけれど、いびきからいらっしゃる無呼吸症候群の恐いところになっていて、対策が伸びる部分でも様変わりしています。

脳卒中の可能性もありますか?

「脳卒中は夜中に起こるケースが多い」

 

いびきに関して、あんな事実をご存じかもね? これは、日中よりも睡眠中のほうが、血圧が上昇されるのが簡単なということをあらわして設置されている。

 

睡眠時無呼吸が血圧を上昇行わせ、それが脳卒中の引き金を引くことは、十分捉えられるのです。

 

ガンと沢山ならんで、日本人の死亡原因の上位を満たしている心不全と脳卒中が、ともに睡眠時観一呼吸症候群と密接なつながりが残るというのは、考えれば苦しいことです。

 

しかし、これはまったくもぅまだ一般にはあまり発見されてないでしょう。何らかの心疾患や高血圧を持病として持ち合わせる人も、多くの場合、その原因が睡眠時無呼吸に見受けられるとは、ちょっと想像し難いことだと思います。

 

しかし、いびきをよくかく人には、心疾患や高血げの患者が圧倒的に少ないとは言えません、また、睡眠時無呼吸症候群の患者は40代から50代の男性が圧倒的にほとんどですが、これは、心疾患や高血圧の患者の多い年齢層とぴたり重なります。

 

また、いびき―睡眠時無呼吸症候群は7対3の割合で男性にプラスも知っております。

 

つまり、睡眠時無呼吸症候群とは、現在の地位の男性を狙い撃ち始める怖い病気と言えるのです。

 

「過労死」という言葉があるということです。この言葉は海外でも「KAROSHI」で生きるほど、日本のビジネスマンのワーカホリックぶりを象徴始めるキーワードと成長していますが、この過労死でも心不全や脳卒中の割合がハイレベルです。ということは、絡み過ぎが原因で死亡行ったかに感じる企業戦士たちの中にも、実は、いびきと睡眠時無呼吸症候群さえ解消していたなら、亡くならずに完了した人がかなりの割合で見られましたかも知れません。

 

こんなふうに、いびきからの睡眠特無呼吸症候群は、慢性化実施することにより突然死にっながりかね見られませんからこそ、恐ろしいのです。

睡眠時無呼吸症候群について。

こんな感じのデータも潜んでいるのです。睡眠時無呼吸の割合が1時間に20回以に上る成人の場合、診断後9年間の死亡率は、実に約40%にも達するというのです。

 

つまり、睡眠時無呼吸症候群を放置しておいた人が10人おいたら、そのうち4人は、10年を経ずして亡くなる計算になってくるのです。

 

 

脅かすつもりは見られませんが、少なくとも、睡眠時無呼吸症候群が、人の寿命を縮める深刻な病気になるのは確かに違いありません。

 

名高い長寿村の村民の健康状況をサーチした調査によれば、その村には鼻の悪人はおりませんでした、というデータも潜んでいるのです。たかが鼻づまり、たかがいびきと甘く見極めるのは禁物と言って間違いないでしょう。

 

耳鼻咽喉科医の中には、いまだに「いびき」を病気としてとらえない人も留まっている。しかし、睡眠時無呼吸症候群がさまざまな重篤な病を弾き出すことがわかって訪問して来た今、日本人がさまざまな成人病の治療に傾けるのと同じ程度の情熱を、いびきと睡眠時無呼吸症候群の治療にもむけるべきと思います。

いびきの仕組みとは。

いびきから睡眠時無呼吸は、どうして出るのわけです?

 

立ったり座ったり体感しているときには、鼻から吸引した空気はスムースに気道を通り、肺に入り込んで行くというわけです。
しかし、あおむけに爆睡しているときには、軟口蓋や喉頭蓋、舌根が、重力によって落ち込み、のどの奥におおい被さる状態と結びつきます。

 

これがあったので、気道が隙間がなくなって空気の通りが快活でなくなり、いびきをかきます。

 

睡眠時無呼吸症候群

 

 

気道が多少隙間がなくなっても、通常なら呼吸に支障は必要ではありません。が、鼻やのどになんらかの異常があったであろうと、これがさらに気道を狭くし、吸いこんだ空気がのどの粘膜を摩擦実践しながら通り過ぎるため、いびきが起こるように結びつきます。

 

そして、慢性的にいびきをかく状態に達すれば、気道の緊密度も慢性化し、ときには睡眠中に完令に気道が満杯になってしまうように結びつきます。その暁に、睡眠時無呼吸が起きるわけです。

 

例えば、鼻づまりが発症している場合、睡眠中は必然的に口呼吸をし始めます。口呼吸をしたなら、口を開けた状態になってしまうので下顎が下がり、舌根などの落ち込みも鼻で呼吸を体感しているときより酷くなります。それで、気道が慢性的に狭くなり、いびきと睡眠時無呼吸が起こり易く変化するのです。

 

つまり、睡眠時無呼吸症候群の原因は一つではなくなってしまいました。鼻づまりをはじき出す病気・異常、咽頭、喉頭や口腔(口の中)の閉塞を齎す病気・異常は、すべて睡眠時無呼吸症候群の原因に変わるかもしれないのです。

 

 

 

いびきの原因の主なものをご紹介しますと、以下のように結びつきます。

 

●鼻づまりを弾き出すもの……鼻アレルギー/鼻中隔彎曲症/肥厚性鼻炎/鼻茸
●川頭・喉頭の閉塞を起こすもの……アデノイド肥人/口蓋扁桃肥大/上咽頭腫瘍/軟口蓋異常/喉頭浮腫/喉頭腫瘍/など
●口腔閉塞を誘い出すもの……小顎症(顎の発達が悪いこと)/巨舌症(生まれつき舌が異常に著しいこと)
●その他……肥満(太ると、軟口蓋や咽頭壁に余分な脂肪がっき、気道が狭まる)/末端肥大症(ホルモン異常により舌などが大規模な)/甲状腺機能低下症(体重増加や浮腫、舌が大規模ななどの症状にっながる)

いびきを治せば世界が変わる!

いびきの原因と睡眠時無呼吸症候群の原因はすべて積み重なってあり、いびきが悪化し長期化実施した先に睡眠時無呼吸症候群に差しかかるものと言う理由でです。

 

特にCPAP(経鼻持続陽圧呼吸療法)は、いびきの治療と言うより睡眠時無呼吸症候群の保存的治療のためによく適用となるものです。

 

 

いびきを治せば睡眠時無呼吸症候群も治りますから、睡眠時無呼吸と把握したら、早めにいびき防止対策をする必要があります。

 

こちらいびき改善のおすすめサイトです。
『サイレントナイト』は、いびきを防止する効果がハンパない!!